スポンサーリンク
スポンサーリンク

「うちは甘い!」って。美容師に言われた話。

僕のお客様は様々な業種の方がいらっしゃいます。

そりゃそうだ。

人間基本的には髪の毛伸びますからね。

その中で同業(美容師)のお客様も意外と結構います。

同業の方が来てくれるのは同じ仕事をしていて嬉しく思いますし、身が引き締まります。

ジュニアスタイリストとして頑張っているお客様がご来店されてカットカラーをしていました。

いつもブリーチをして色をかぶせるダブルカラーをする方なのですが、

僕はブリーチ剤を使うときは細心の注意を払って仕事をします。

特にダメージをしやすい施術なので神経をすり減らしながらやるのですが。。

うちのアシスタントの子がブリーチを塗りに来てくれようとした時、

僕は

「一人で塗るからいいよ」

と彼を仕事に入れさせませんでした。

なぜなら

ブリーチに対する信頼はまだ薄いため

です。

大切なお客様の髪の毛をやらせていただいている以上、妥協はしません。

美容師のお客様で理解があることを承知の上で

「まだ◯◯くんに塗らせられないよ笑」

とあえてお客様にもアシスタントにも聞こえるように言いました。

そして僕は一人で塗り進めていたのですが、

その美容師のお客様が

「(僕の仕事を)見ないんですね…」

とボソッと呟きました。

それは僕が仕事にいれなかったアシスタントが僕の仕事を見ていないことに対しての発言でした。

「こんないい環境なのに、見ないとかほんともったいないし、甘いですね」

とストレートに言われてしまいました。

その通り過ぎて、ぐうの音も出なかったです。

その時間はサロン自体落ち着いた時間でスタイリストの仕事を見るには適当な時間でした。

彼が働いているサロンは個室になっているようで、先輩の仕事を見たくても見れない環境下らしく、盗みたくてもなかなか先輩の技術を盗むことが困難だそうです。

そんな彼にとって開放的なLOVEST青山の作りはとても先輩の仕事も見やすく最高の環境だと言われました。

本当にその通りだなぁと痛感させられました。

1番の原因は僕にあるのかもしれない

なぜアシスタントが見ていなかったのか。

その答えは僕自身なのかもしれません。

単純に

僕の技術に魅力がない

上手だと思われてない

真似しようと思われていない

のかなぁと。

僕がアシスタントの時、仕事を食い入るように見ていたのは、

決まって尊敬するスタイリスト

の仕事でした。

少しでも追いつきたい、追い越したいという気持ちが自然とそうさせていたのかもしれません。

むしろ、途中からは仕事を見ながら

俺だったらこうするな

というような考え方にシフトしていました。

僕の仕事がまだまだなのかな。

もっともっと技術に磨きをかけてアシスタントが是が非でも見たいと思われる人間にならないとなと痛感しております。

美容師は、経験したことが全てな仕事だと思っています。

いきなり経験したことないことをお客様で試すなんてことは決してしないし、自分の力量はアシスタント時代からの培ってきたものでしかないと思うんです。

air/LOVESTは練習体制が整っていたり、当たり前のようにお客様がご来店したり、当たり前のように撮影があったりします。

何気ない毎日を過ごしているようでそれらは全て当たり前なんかではないんです。

日々をどう過ごすかでこの環境を生かせるのか、殺してしまうのか。

全ては個々人次第なんです。

外の美容師さんからの心の声をいかほどに受け止めるか。

戒めて日々精進していきたいです。

電話予約↓
03-5468-3555

WEB予約はこちら


友だち追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク